車を持つことを考えて川崎に住むのなら、駅から少し離れていても問題なく暮らせるのではないでしょうか。その代わり、家にはガレージが必要です。車の維持費は必要ですが、その分、駅から離れた閑静な住宅街で静かに暮らすことができます。ここに注文住宅を建てるとしたら、ガレージ付きの一戸建てが理想です。できれば一階は暮らしやすさを考えて、リビングダイニングキッチンをメインにしたいところです。そうすることで、車で買い出しに出かけたとき、買ってきたものを片付けるのが楽だからです。最近は二階にリビングダイニングキッチンを設ける家が増えてきていますが、年を取ってからも住むことを思うと、年齢を経るごとに大変になっていくでしょう。一階に快適なリビングを持ってくることで、家族の生活が暮らしよくなる、そんな設計の注文住宅がベストです。

川崎に建てたい注文住宅の理想は

川崎で注文住宅を建てるとしたら、できれば敷地面積を広くとった二階建て、二階のさらに上に、固定階段で上がれる10畳ほどの収納スペースのある家が理想です。10畳あればかなりのものが収納できますし、固定階段で上がれるので、ものを取りに行くのも楽々です。そのうえで、押入れやクローゼットを備え付けで作り、できるだけ収納家具を置かなくて済むような家が理想です。そうすることで、完成したときに感じた広さを、そのまま暮らしの中で感じ続けることができます。完成したときは広く感じたけれど、その後、いろいろと家具を置いたら一気に狭く感じるようになってしまったということを避けたいためです。収納スペースが充実していれば、さまざまなものが収まるべき場所に収まるので、家の中が散らかるのを防げます。快適に暮らすには、収納を充実させた家にすることが理想です。

毎日の洗濯を考えて川崎に注文住宅を建てよう

川崎の住宅街の中でも、特に日当たりのいいところに注文住宅を建てることができるなら、二階部分にサンルームを作るのがいいかもしれません。あるいは、一般的には家の上階部分に洗濯物を干したりできるベランダを作りますが、このベランダをすっぽり囲ってしまう作りにしてみるのもいいでしょう。囲いはするものの、風は通るように扉を開放できるようにしますし、網戸も取り付けます。こうすることによって雨の日でも家の外に洗濯物を干すことができ、家の中に湿気を持ち込むことを防げます。また、晴れた日には太陽がさんさんと当たることから、囲ったベランダ部分の気温は上がるでしょう。そうすれば洗濯物はもちろん、布団を干してもふっくらします。ベランダ部分は家の中ではどうしても汚れがちになるので、家を建てる際に最初からずっときれいに使えるように工夫するのも、注文住宅だからこそできることです。