注文住宅を川崎の住宅街に建てるとするなら、ぜひとも太陽光発電システムを取り付けたいところです。川崎は東京都心で働く人たちのベッドタウンとして、たくさんの住宅が立ち並ぶ住宅街となっていますので、もしここでライフラインがストップしてしまうとかなり大変です。その点、注文住宅を建てる際に太陽光発電システムを導入しておけば、とりあえずは電気の確保だけは何とかなります。太陽光発電システムを取り付けることで、おそらくガスはあまり使わなくなるでしょうから、電気が確保できれば、あとは水だけということになり、災害時にも強い家になるでしょう。もちろん、地震の揺れに耐えうる強度の家を建てることが大前提ですが、もう少し踏み込んで災害時も安心していられる家にすることも、これから先長い間住んでいくことを考えると重要だと思えてきます。

川崎の注文住宅に必須のスペースは

東京都心で働く人たちのベッドタウンとして開けてきた街では、できれば閑静な住宅街に自分の理想の家を建てたいところです。川崎もそんなベッドタウンとして開けた街ですが、閑静な住宅街がいくつかありますので、自分のフィーリングに合ったところを選び、さらにそこにこだわりを詰め込んだ注文住宅が建てられたらいうことなしです。住宅街となると、駅からは少し離れることが多くなりますので、休日の買い物やレジャーに車は必須でしょう。そのため、家にはガレージが必要となります。家族構成によって、何台の車が止められるスペースを必要とするか、慎重に考える必要がありますが、さしあたっては車を一台止められるスペースに、家族全員分の自転車を止められるだけの広さを見ておけばなんとかなると思われます。これら駐車スペースを取りつつ、一階にリビングダイニングが作れる家が暮らしやすいでしょう。

川崎で建売住宅を参考に注文住宅を建てると

最近は狭小地でありながら、家の中に十分な広さを確保した建売住宅がたくさんできるようになりました。一階部分にガレージをとりつつ、家族それぞれが個室を持てるだけの間取りを備えていることも珍しくありません。川崎で注文住宅を建てるとしたら、そうした建売住宅の間取りを参考にするのもいいかもしれません。一階部分にはガレージ、水回りのお風呂にトイレ、洗面所、そして客間や多目的スペースに使える6畳ほどの部屋を一つ取ります。二階がリビングダイニングになり、キッチンもここになりますので、家族が二階をはさんで上と下を行き来する形になります。三階建てを建てるにしても、一階がリビングダイニングだと、三階の様子がわかりにくくなりますが、二階がリビングダイニングになることによって、上と下の様子がわかりやすいというメリットが生まれます。川崎で購入できる土地が小さくても、これなら快適な暮らしができる注文住宅が作れそうです。